efoで入力支援

efoのシステムとしてフォームの入力支援を行うことが出来るシステムがあります。これを上手く使うことでフォームに入力するユーザーのサポートをして離脱者をかなり減らすことができるようになります。

efoの入力支援は幾つかあり、入力するボックス内の色分けをして強調表示する支援を行うことが出来ますし、何かしら入力ミスをした時にポップアップでエラーメッセージを出すことが出来るシステムもあります。他にも、一定の操作をした時に確認するメッセージを出したり、入力する内容の説明をポップアップで出したりすることができるようになります。とても便利な機能としてフォームに入れることができるので、上手くefoを使用して入力しやすいフォームにするようにしてください。

入力支援でかなり便利なのがありますので、それについて少々説明していきます。まず、半角や全角などの指定がある場合、efoの方で支援を行い、それぞれの設定した文字に自動的に切り替えることが出来ます。ですから、本来「EFO」と入力しないといけない場合でも「efo」を入力することで自動的に大文字にすることができる支援システムがあります。他にも、郵便番号から住所の自動入力が出来る場合もありますので、できるだけユーザーの入力操作を簡略化させるようにすれば良いです。

関連サイト > f-tora EFO
入力支援機能の導入ができます。

適切なフォームを作る

efoの分析機能によりある程度フォームの改善点を見つけることが出来たならフォームの改造をする必要があります。できるだけ途中離脱者を無くすようなフォームを作るようにしてください。

フォームの作成時にどれが必要か、必要にないのかをしっかりと把握して作るようにしてください。フォームの内容によっては多いからユーザーが居なくなっていることもありますので、それをしっかりと確認してフォームの作成をするようにしてください。他にも説明がわかりにくいなどがあるならわかりやすい記載をしないといけません。

フォームの作成時に、幾つかに分けて記載をさせていくことも考えてください。分けることで項目を少なく見せることが出来ますし、場合によっては説明を入れることも出来ます。ただし、多すぎると逆効果なのでよく考えてフォームの作成をしてください。

あとは、efoの入力支援を使ってより入力しやすくすることで改善をかなりすることが出来ます。フォームが完成したら一度ユーザーにやってもらい、再度改善点が無いかを確認するようにしてください。その積み重ねをすることで良いフォームを完成することができるようになりますのでefoを使い分析をしてより良いフォームを完成させてください。

解析ツールを多様する

efoの解析ツールを使用することで、途中で辞めてしまうユーザーの調査をすることが出来ます。上手く利用して獲得情報量や登録量のアップなどを行うようにしてください。

efoの解析ツールでの分析は非常に重要なものです。特に集客や多くの情報を獲得したい人にとってはこれが死活問題になりますので、しっかりと利用していくようにしてください。それで解析ツールによりわかることはどのようなタイミングで途中離脱をするのかを知ることが出来ます。また、解析によってはどこで詰まっているなどのこともわかります。これらの情報からユーザーはどのようなことから目をそむけているのか、何が面倒あるいは難しいかなどを知ることが出来ます。これもまた良い情報となります。

獲得した情報によってはフォームにそれを入れないという方法やよりわかりやすくする方法により解決していけば良いです。そうすることで、途中離脱をかなり減らすことが出来るでしょう。ただし、これで完全に離脱者が無くなると言うのは非常に難しいので注意です。あくまでも少し改善をすることで、ある程度の人が途中離脱をしないで書いてくれる程度に考えてください。劇的に変わればその分だけ様々な部分で問題が出ますし、少し変えたくらいでは大きく変化はしないでしょう。

efoを理解する

インターネットでアンケートなどをする場合、入力フォームを使ってアンケートなどを行っていきます。しかし、このフォームの作りによっては途中まで入力してその後送信しないで、そのまま閉じてしまうということが結構あるのです。実際統計で約半分以上の人が途中で辞めているというのがあります。そこで出来たのがefoというシステムです。当サイトではこのefoについて紹介していきます。

efoはEntry Form Optimizationの略で入力フォームの「最適化」を意味するものです。そのシステムの内容は幾つかあり、その1つにフォームを途中で辞める原因、どこで辞めてしまったか、どの部分で入力が遅くなったかを調べることができるようになっています。そのポイントを見つけ、改善をすることでより書きやすいフォームにすることができ、多くの人が全て書いてくれるということができるようになります。ちなみに、あくまでも解析ツールを導入した場合に限りますので注意です。

efoは監視システム以外にもユーザーを補助するシステムもあります。これにより、記載している内容で間違っているもの、必要項目などを知らせるシステム、説明などのことを行い、より書きやすいフォームにすることができるようになります。自動入力もありますので、それで入力者の負担をかなり減らすと良いです。

このようにefoというシステムがあります。これを上手く使うことでより良い集計をすることができるので、入力フォームを利用している会社や人は利用してみるのも良いでしょう。