efoを理解する

インターネットでアンケートなどをする場合、入力フォームを使ってアンケートなどを行っていきます。しかし、このフォームの作りによっては途中まで入力してその後送信しないで、そのまま閉じてしまうということが結構あるのです。実際統計で約半分以上の人が途中で辞めているというのがあります。そこで出来たのがefoというシステムです。当サイトではこのefoについて紹介していきます。

efoはEntry Form Optimizationの略で入力フォームの「最適化」を意味するものです。そのシステムの内容は幾つかあり、その1つにフォームを途中で辞める原因、どこで辞めてしまったか、どの部分で入力が遅くなったかを調べることができるようになっています。そのポイントを見つけ、改善をすることでより書きやすいフォームにすることができ、多くの人が全て書いてくれるということができるようになります。ちなみに、あくまでも解析ツールを導入した場合に限りますので注意です。

efoは監視システム以外にもユーザーを補助するシステムもあります。これにより、記載している内容で間違っているもの、必要項目などを知らせるシステム、説明などのことを行い、より書きやすいフォームにすることができるようになります。自動入力もありますので、それで入力者の負担をかなり減らすと良いです。

このようにefoというシステムがあります。これを上手く使うことでより良い集計をすることができるので、入力フォームを利用している会社や人は利用してみるのも良いでしょう。